アラフィーに突入した主婦の欧州サッカー中心&日々の徒然blog
http://isojikko.blog10.fc2.com/
admin
 

プロフィール

五十路っ子

  • Author:五十路っ子
  • 夢は、スペインのサッカークラブ、レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのクラシコ観戦♪(ラウールが現役のうちに!)
    その他好きなサッカー選手は、ジェラード、モリエンテス、バルバレス。
    と書いたときから時は流れ、モリちゃんとバルバレスは引退してしまい、ラウールは今ドイツのシャルケで頑張っている。
    今はスネイデルも好きです♪

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
そうそう、うっかりしていたけど、今週からチャンピオンズ・リーグが始まるのよね
シャルケに移籍したラウールを見るチャンス、逃がしてなるものか~!!!
リーガ・エスパニョーラの開幕戦観たけど、ラウールのいないマドリーを応援する
テンションはかなり違うっす。7番、C・ロナウド付けてるし~。グティもいないし~。
知らない選手いろいろいたし~。
でも、モウリーニョ率いるマドリーがどうなるかには興味ある。
バルサは初戦快勝、マドリーはマジョルカに0-0の引き分けで内容もいまいちでした。

そういや、日本×パラグアイ戦、1-0で勝ちましたね~
あまり真剣に見てなかったけど、得点した香川選手のドリブル&ゴール、うまかったす。
いつも何かとイチャモンつけているダンナが、むちゃ褒めていました。

体の線が細くて、だいじょうぶかと思う選手いっぱいいるけど、W杯での経験を
生かして、ザッケローニ新監督のもと、ひと皮もふた皮もむけて、観て楽しい
日本代表に大きく成長してほしいっす
 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Comment(0) 
2010.07.27/ 00:10(Tue)
前日にグティが、そして今日2010年7月26日、ラウールが
レアル・マドリードを退団し、記者会見を行った。

私は、2002年日韓W杯でラウールのゴールシーンに感動して以来、
サッカーのファンになった。私が少年だったら、「俺、明日から
サッカーする!!」と決意するくらい興奮した瞬間でした。
美しいゴールシーンに奮い立ったあの日を忘れません!

あれから8年、ラウールはマドリーでプレーヤーとしての人生を
終えるんだと漠然と思ってた。
でも、トッププレーヤーがひしめくあのチームで、15年もFWとして
存在したこと自体、奇跡かもしれません。

8年前、ラウールのゴールシーンをきっかけに日韓W杯を見まくって、
サッカーの魅力に取りつかれたおかげで、数々の感動のシーンに巡り
合えたことに感謝。
移籍先のシャルケはブルーを基調としたユニで、そんなに違和感は
ないかな。これを機会に、またブンデスでも観ようかしら。
放送してたかな???

グティの縦パスも好きだったな~。瞬間湯沸かし器みたいに時々
沸騰しちゃうのが心配のタネだったけど、ここ数年は大人になって
いたよね。退団の記者会見での写真をネットで見たけど、ものすごい
優しい表情で、ふっきれてるんだなぁ…って、かえって涙が出てきて
しまいました。

普通のレベルのクラブなら、グティもラウールもスタメンはれる力は
残っているのに、厳しいよね。
ふたりともマドリーでプレーするために、最大限の努力をしてきたと
思う。それでも、気持ちを切り替えて、新しい道を探さなければ
いけない日がくる。
私も希望する職種で仕事をするために、最大限の努力をしようと思う。
そしてそれでもダメなら、サッカーをプレーする道を選んだ彼らの
ように、「働ける」職場を探して働こうと思う。

ラウール、グティ、モリエンテス、バルバレス、これまで豊かな時間
をくれた選手たちに改めて感謝!
私もまだまだ頑張るぞ~!
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
さぁ、今年もCLの季節がやってきました。
組み合わせが決まりましたね。以下、太字は応援チームです~。


9月16日
A組 チェルシー 対 ボルドー
A組  ローマ 対 CFR
B組 パナシナイコス 対 インテル
B組 ブレーメン 対 アノルトシス
C組 バーゼル 対 シャフタール
C組 バルセロナ 対 スポルティング
D組 PSV 対 アトレティコ
D組 マルセイユ 対  リバプール
※リバプールのフェルナンド・トーレスの古巣、アトレティコと同じ組になるとは~。
 酷な組み合わせや~。


9月17日
E組 マンチェスターU 対 ビジャレアル
E組 セルティック 対 AaB
F組 ステアウア 対 バイエルン
F組 リヨン 対 フィオレンティーナ
G組 ポルト 対 フェネルバフチェ
G組 ディナモ・キエフ 対 アーセナル
H組 ユベントス 対 ゼニト
H組 レアル・マドリー 対 BATE

※マンUとセルティックが、06-07シーズン同様、またも同グループに。
 俊輔の左足がまたゴールを決めるか!? うーん、対決が楽しみぢゃ。
 
Category: スポーツ
編集[管理者用]
2008.08.23/ 23:37(Sat)
暖色系のテンプレへ変更~♪

さて、五輪はまだ終わっていませんが、感動した場面ベスト3。
 1位 北島康介選手の世界新での100m平泳ぎの金と涙。
 2位 上野選手の力投を経て獲得したソフトボールの金と仲間たちの笑顔。
 3位 男子400mリレー(塚原→末續→高平→朝原)のアジア勢初の銅と笑顔。
ほかにも、姉妹で金を目指してきた女子レスリング伊調千春選手の銀での、予想外のすがすがしい笑顔や、吉田沙保里選手が金メダルで流した涙のわけとか。

うーん、やっぱり、並みの人たちじゃないですね。
朝原選手の36歳での短距離激走には、ほんとうに勇気づけられました。

あぁ、アスリートの姿って美しい!!
北島選手の活躍を見てから、無性に泳ぎたくてしかたないですが、明日はまた大雨が降るらしい。
どうしようかな~と、腹の横のポニョをつまんで思案にくれる超凡人でR。
 
Category: スポーツ
編集[管理者用]
第1回ワールド・ベースボール・クラシック王者の栄冠が、ニッポンの頭上に輝いた。ここまで来るのに、いったいいくつの“まさか”があったでしょうか?
2次リーグの対アメリカ戦でのタッチアップの誤審に始まり、韓国戦でのタッチアウト寸前で起きた3塁手のまさかの落球、そして敗戦。最大の“まさか”は、韓国にも日本にも負けていたメキシコが、アメリカ相手に2-1で勝利し、日本に準決勝進出の権利が転がり込んできたことでした。私なんか100%あきらめていましたからね~(^^; メキシコ奮闘の火付け役は、アメリカ戦で誤審を下したボブ・デヴィッドソンだったというのが笑えます。ライトポール直撃のホームランをエンタイトル・ツーベースにしたという、白を見て黒というほどの大誤審(わざとか…)で、メキシコが燃えたって話ですからね。アメリカの選手だって、気まずくなかったのかな? かえって動揺するっていうか、勝ちづらくなっちゃったとこなかったんでしょうかね?
こうして迎えた準々決勝は、1次リーグ2次リーグで2敗を喫した韓国との再々対決。2次リーグで韓国に負けたとき、イチローが「自分の野球人生で一番屈辱的な日」と言い放ったあとでの因縁対決。これを6-0で完封勝ちしたのは“ごく小さなまさか”かな? いや、上原投手のピッチングはすばらしかったです! 何より個々の選手たちに気迫がみなぎっていました。
そして今日の決勝戦、初回表で4点を日本が先取するというこれまた“まさか”のスタートで、私は「な~んだ、ボロ勝ちしちゃうんじゃつまんないなぁ」なんてことを能天気に思ったわけですが、1点差まで追いつかれたときには、私の中での“こりゃあかん率”は70%くらいにアップ。キューバが裏の攻撃というのがまた恐怖でした。
でも、今日の日本はよくある“あと一歩で涙をのむ日本”じゃなかった。9回表に相手を突き放す4得点! 都合10対6でキューバを撃破~\(^0^)/ 途中キューバが追い上げてきたときは、甲子園球児か?と思うような“まさか”の守備ミスを連発し、肝が縮んだんですけどね(笑)
9回、1死2、3塁(だっけ?)でのイチローのヒットが効きました! “これ以上ない舞台が整った”ところでのタイムリー。すごいよイチロー。韓国戦のときだったか、スタンドに“有言実行 イチロー”と書かれた応援旗があったけど、まさにそのとおり。
野球はよほどの大試合しか見ないんですが、今回はアメリカ戦以降、目が離せませんでした。試合終了後、ピッチャーマウンドに置かれた小さな日の丸、そして紙吹雪舞うなかでフィールドに翻ったドでかい日の丸、いい光景でした♪
ジーコジャパン、指をくわえて見ている場合じゃないですよ~! W杯頑張らないと、野球に人気をさらわれそうですぅ。
なにはともあれ、WBC日本優勝おめでとう!

※キューバの12番の選手、若返ったロナウド風じゃありませんでしたか? 
編集[管理者用] Comment(10) 
 
Copyright © 2017 五十路っ子 Road, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。