アラフィーに突入した主婦の欧州サッカー中心&日々の徒然blog
http://isojikko.blog10.fc2.com/
admin
 

プロフィール

五十路っ子

  • Author:五十路っ子
  • 夢は、スペインのサッカークラブ、レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのクラシコ観戦♪(ラウールが現役のうちに!)
    その他好きなサッカー選手は、ジェラード、モリエンテス、バルバレス。
    と書いたときから時は流れ、モリちゃんとバルバレスは引退してしまい、ラウールは今ドイツのシャルケで頑張っている。
    今はスネイデルも好きです♪

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2006.01.31/ 00:19(Tue)
ピカチュウ(の貯金箱)とは大の仲良しのピーチ君。今日はなかなか飛び乗ってくれないお立ち台に上がってもらって、その他のお友達(遊び相手)と一緒にパチリ。
黄色いものと光り物と自分が映る物が大好きなピーチ君、ニコちゃんボールは転がすし、黄色いバイクは鼻っ面の銀色のところにしょっちゅう話しかけてます。何考えとんじゃ~~(^^)???
あ、右上写真に写ってるゴルフボールも転がします。室内用のパターゴルフを始めると、転がり出てくるボールを待ちうけ、転がり出てきたボールを追いかけ、おっとっと走り。笑えます。

一日の運動量、私なんかより断然勝っています。先日、美容院に行ったときに読んだ雑誌に、『外で鬼ごっこなどして遊んでいる我が子に万歩計をつけたら1日で2万何千歩かになっていて驚いた! 子供の運動量ってすごいんですね』という記事が載っていましたが、ピーチ君の歩数も数えてあげたいくらい、よく動き回ります。
それと、セキセイインコって四六時中、口をもぐもぐさせてるんですが、いったい一日に何回もぐもぐしているんでしょう。妙に気になってしまいます。まぁ、そうやってアゴを鍛えているから、咬まれたときに痛いんだろうな(笑)


 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
ウィンターブレイク明けのブンデスリーガ、一日早く試合が行われたボルシア・メンヒェン・グラートバッハvsバイエルン・ミュンヘンは、アウェイのバイエルンが1-3で勝利をおさめ、独走体勢をキープ。バイエルン強し!というより、ボルシアMG、調整不足でしょ~。ボールを奪われるんじゃなくて、ことごとく渡してしまい、あれじゃバイエルンでなくても勝てちゃうよ。
休み前は不調と言われたロイ・マカアイが、13分にあっさり先制点。前半0-1で折り返しとなったから望みはつないだものの、55分にバラックのFKが決まって0-2。その2分後にソンクがクリアボールのこぼれ球を蹴り込んで1点返したのはよかったけど、69分、サリハミジッチからのロングクロスにマカアイがどんぴしゃの左ボレーをお見舞い。強烈~~っ、で1-3に。
時間はまだ20分あったけど、BMGのパス精度に改善の見込みはなく、勝負あった!でした。マカアイ、すがすがしい顔しちゃって…あ~、HSVを応援する身としては、マカアイが不発のほうが助かるんですけどね(^^;
こうなったら、ハンブルクにも勝ってもらわなくちゃ~~っ!と続いて観た対ニュルンベルク戦では、ひさびさに高原が先発~!!! 期限付き移籍のアイウトン(ブラジル選手)とのツートップ。試合開始直後、ファンブイテンからのロングパスを敵陣ゴールラインぎりぎりまで追っていった高原、しっかりボールをキープしてコンディションの良さを見せてくれました♪ でも…さ、見たかったのは得点シーンなんだよね…。当たりのいいシュートは打っていたんだけど、オフサイドで無効のゴールとGK正面p(><)q 動きは良かったから、ツキが巡ってこないとしか言いようがないです。あとは、監督がどれだけ我慢して使ってくれるかにかかっているかも。前半で顔面殴打されたり、タックルされて転倒してた高原。「チクショウ!」という思いを得点で晴らして欲しかったなぁ…。ニュルンベルクのホーム、フランケン・シュタディオンは、W杯で日本がクロアチアと戦うスタジアムだそうで、よけいに残念ですが、高原にとっては今は試合に出ることがいの一番、得点を挙げるのがいの二番(?)。次の試合でも先発出場なることを祈っています!
今節、正キーパーのヴェフターが戻ってきました。留守を守ったキルシュシュタイン、大活躍だったので残念でしたが、久々復帰のヴェフターも正キーパーとしての力は発揮していました。OGでHSVがリードしたあと、ディフェンダーに当たってコースが変わって1点取られてしまったのは仕方ないし、73分、ピッチインしたばかりのキースリングの強烈なシュートを防ぎきれなかったのも、触っただけにもったいなかったけど、まぁしょうがないっす。
今季2失点は初めてというHSV。アウェイでも負けない試合を続けていたので残念ですが、今節は炎の男バルバレスがいませんでしたからね! 累積警告で欠場だったのです~。がっくり(><) どうしても勝たなければいけない試合には、あの“熱さ”が不可欠です。今日のハンブルクはなんかおとなしかったよ。ファンデルファールトの復帰も待たれます。ブレーメンの試合はまだ観てませんが、勝ち点3を稼いでHSVと順位が入れ替わってしまいました。ハンブルク、次のホームでのビーレフェルト戦は絶対に負けられませんからねっ!!! 高原、出場して得点してくれ~!! バルバレス、熱い試合を見せてくれ~!!
 
編集[管理者用] Trackback(1) Comment(0) 
うーん、今日は、まだ観ていなかったマンチェスター・シティvsマンチェスター・ユナイテッド戦(3-1)を午前中に観て、“リヴァプール勝利”をイメージしながら美容院に行き、夕方からユナイテッドvsリヴァプール戦を観始めたわけですが、あと残り5分てところで仕方なく夕食に。
そこまで0-0だったので、このまま終了かなぁ、もしかしてとんでもないドラマがあるかなぁ…と食後のお楽しみにとっておいたのですがぁぁ~p(><)q
はい、たしかにドラマはありました。90分、フィナンのファウルでユナイテッドにフリーキックのチャンス。ゴール前中央に上がったボールをリオ・ファーデナンドがヘディングでどすん! ユナイテッドファンなら、しびれまくっているところですが、わたしゃガックリ。リオは空になったゴール前でボールをクリアもしてたし、“リオの日”になっちゃいましたね……。
2位vs3位の対決、名門同士の対決ってことで、出だしからエンジンフル回転のスピードゲーム。なんか、サッカーゲーム(見たこともやったこともないけど)の駒を動かしてるんじゃないかと思うくらい、選手たち走りに走りまくってました。よく心臓がもつものです!
今節の試合、ひとことだけ言うなら「シセ!何やってんだ!」です。GKが体勢くずしてて、目の前に絶好のチャンスボールが転がってきたのに、な、ん、で、ふかしちゃうのよぉーーーっ! 最近スポーツニュースで、バルセロナのメッシがゴール前にものすごい勢いで詰めて得点するシーンを2度も見て、いたく感心したばかりだったので、よけいに腹が立ったよ。貪欲さが違うんだもん。シセは、“得点したら髪型を変えていい”ってことにしたら、がむしゃらに点を取りに行くかもしれませんね(^^;
まぁシセだけが悪かったわけではなく、総じてリヴァプールに得点のにおいはなかったなぁ。フォワード陣が全然目立たなかったというか、そこまでプレーさせてもらえなかった。リヴァプールのディフェンダーも頑張っていたけど、冷や汗シーンは何度かあったし。
プレミアリーグって、観始めるまで荒っぽい印象なかったのですが、当たりキツイですね。開始10分くらいで、キューウェルも鼻血ブーにされちゃったし。今回はジェラードも結構危ないファウルやってた。うわぁイエロー!と思ったシーンが2度あったけど、おとがめなしで、その代わり、ユナイテッドに得点されたあとに何か言ったみたいでイエローもらってたけど(^^;
ここで勝てたら“もうけ”だったんだけどなぁ~。しょうがない。2位浮上めざして、突き進んでもらうしかありませ~ん。


追伸:美容院にオーナーのワンちゃん(ジャックラッセルテリア)がいたのですが、ものすごく人なつこくてびっくり。ソファに寝転んでいたので、そばに座ったら、足にちょこんとあごをのっけてきたりして(^^) そのままお持ち帰りしたくなるくらい可愛かった♪ 小型犬は、折れてしまいそうに足の細いチワワやポメラニアンはなんだか痛々しく思えてしまうのですが、テリアは足がしっかりしていていいですね。別に親近感を覚えているわけではありませんよ。いや、覚えているのか…(笑) 
Genre: スポーツ Theme: サッカー Category: サッカー
編集[管理者用] Trackback(3) Comment(6) 
2006.01.23/ 11:46(Mon)
土曜の雪の日、バレエの発表会を観に行ってきました。某バレエ団の元プリンシパルだったというバレエの先生が主催する、生徒の発表会。
幼稚園、小学校の低学年、小学校高学年~中学生、大人、とクラス別のプログラムが組まれていたわけですが、こういうさまざまなレベルにあるバレリーナの卵たちの踊りを見ると、なにげないポーズがいかに難しいかがよくわかります。
左右対称に腕を上げるだけのこと、左右の腕をバランスよく美しく保つこと、これが相当難しいようです。腕フェチの私としては、やはり腕に目がいってしまいますね(笑)
幼稚園や小学校低学年くらいだとお遊戯と変わらなく見えますが、舞台慣れ、場慣れする意味では大事なことかもしれません。それに、中には小さくても才能の片鱗が見える子もいるんです。その子は、少し上の小学校高学年クラスといっしょに踊っていましたが、バランスがよくて軸がぶれなくて、一番目を引くほどでした。
友人は去年が初舞台で今年が2度目。会社が終わったあと、週1とはいえいつも1時間くらいかけて教室に通い、1時間半くらいかけて帰宅するとかで、すごいバイタリティ! 彼女も昨年よりはうまくなっていました。目から下の写真でなんですが、衣装が素敵だったので掲載しちゃった(^^; 一番左がお友達。
“女は鎖骨、男は肩甲骨”というのが持論ですが、女の肩甲骨もなかなかだ、と思った一夜でした。バレエをやっている人は背筋がしゃんとして、立ち姿が美しいですね。なんとなく刺激されて、鏡の前でポーズを取ってみましたが…(笑)
先生がトリで踊った「くるみ割人形」の金平糖は、さすがにすばらしかったです。なんて言うか知りませんが、膝を曲げて上げた足先をパタパタと動かす動作、人間の動きじゃないみたい! 卵たちとは違って、脚も鍛えられている(でもゴツクない)感がありましたね。でなきゃあの安定感は生み出せません。
バレエは無理としても、鎖骨と肩甲骨のために、何か体を動かす運動を始めようっと♪
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
2006.01.21/ 23:38(Sat)
朝から降り続いた雪でしたが、夜、帰ってくる頃には止んでいました。うちの車もこんな感じですっぽり埋もれていましたが、屋根の上はそれほどでもないですね。ふわふわした雪で、横になびくように降っていたからかな? 植え込みの木もトリオで白い帽子をかぶっていて、思わずパチリ(^^)
で、マンションの入口にさしかかると、若い男女が背を向けてしゃがみこんで……ん? あ…雪だるま♪ 「こんばんは~」と声をかけると、ちょっとびっくりして振り返ったあと、照れたような笑い声が(*^_^*)

夜のうちにこっそり作っておきたかったみたいで、恥ずかしそうに自分たちの部屋に帰っていったけど、ありゃ新婚だな。若いっていいわね
この作りなれてない感じが、また微笑ましかったりして。目立たないけど、右側には子だるまも(^^) まさかブログにアップされてるとは、思ってもいないでしょうね(笑)
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
雪、降ってますね~
明日深夜は、いよいよマンチェスター・ユナイテッドvsリヴァプール戦、の対決ですね。私は火曜の夜に録画してからの観戦となりますが、楽しみ♪楽しみ♪
シセのニュースタイルの頭、左のステゴザウルスみたいにカラフルになってたら笑うなぁ~(^^)
ところで、ブログ、またひとつ増殖させようと思ってます。いつ消滅するともわかりませんが(笑)

今日はこれから浦安まで行ってきます。雪のディズニーランド……ではなく、大人になってからバレエを始めた友人の発表会があるもので。さ、大急ぎでキーマカレーを作らなくっちゃ!!

 
Genre: 日記 Theme: 日々のつれづれ Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
今日は一日会社に赴いての仕事になりました。ここんとこ留守にしているので、ピーチ君はご機嫌ななめです。帰ってくると、「ギャッギャッ!!」とセキセイインコらしからぬ声で怒られてしまいます(^^;
鳥かごの出入口は開けっ放しにしてあるので、出入り自由な分、ストレスは減ってると思うのですが、セキセイインコは寂しがりやなんだそうで、一羽ぼっちにしちゃうと元気がなくなってしまうようなんです。
まだOLだった昔、そういうことを知らずにカゴに入れたまま一羽で飼っていたことがあるのですが、会社から帰ってきたら、自分でカゴを開けて外に出て、飼い主を探したのか、廊下で息絶えていたことがありました。飼い始めてわずか2週間くらいのことでした。
インコはお腹が空っぽになってしまうと、あっという間に弱ってしまうそうで、自力でカゴに戻れなくてお腹が空き過ぎて死んでしまったのかもしれませんし、寂しくて死んでしまったのかもしれません。
当時は、前のダンナが長くインコを飼っていたこともあり、飼い方については向こうがわかってるだろうから、と、なんの知識も持たずに飼ってしまったのです。その後、本を見て、「セキセイインコはもともと集団で生活する鳥なので、寂しいと死んでしまう」というような内容を読み、本当にかわいそうなことをしたと申し訳ない思いでいっぱいになりました。
ま、そんな経緯もあり、ピーチ君を長いこと一羽ぼっちにはできない生活、かれこれ9年送っちゃってます(笑) ピーチ君、仕事は一応明日で終わりそうだから、あと一日だけいい子でお留守番してね~m(__)m

 
Genre: 日記 Theme: 写真日記 Category: 日記+ピーチ君
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
1ヵ月も前の試合だけど……今日観ました(^o^; 嬉しい結果だったし、17節のブレーメン戦がすんごく面白かった♪ので、やっぱり書いておこうと思います。
まずは16節、HSVvsヘルタベルリン。リーガ2位vs5位の対決ですから、どちらも必死でしたね~。ピッチが穴ぼこだらけで、時間の経過とともにさらに穴ぼこが増えていくので、試合をというよりボールをコントロールするのに必死だった気がしないでもありませんが、そんななかで、開始3分、8分と早々に2点を取れたHSVはラッキーでした(1点目は、バインリッヒのCK→バルバレスのかすったかも?のHD→ヘルタのヴァンビュリックのHDクリアミスでOG。2点目は、ヴァンビュリックがPA内でムペンザにファウル→マハダビキアのPK)。
この2点の立役者(?)ヴァンビュリックは、ファウルを犯したあげく負傷退場となり気の毒でしたが、何より気の毒だったのは、痛がってピッチに転がってアピールしてるのに、チームメイトすらしばらく知らん顔だったことです。まぁね、たった8分のあいだにOGとPKですから、ばつが悪くて痛めたふりをしていると思われたのかもしれませんが。
この試合、ファンデルファールトは怪我で欠場(手術は成功のもよう)、久しぶりにムペンザとラウトのツートップだったのですが、ムペンザは惜しいシーンがあるも結果は出せず、でした。高原は90分に時間稼ぎのためにピッチイン。15節とは違ってボールにタッチすることはできましたが、まぁそれだけで終わってしまい、試合終了後の勝利の輪の中に姿は見られませんでした。
15節でも輪の中に姿は見つけられず、でもどこかにいるんだろうと思っていたのですが、今節、スロー再生でじっくり探しても姿はありませんでした。うーん、さっさとロッカールームに引き上げてしまっているのでしょうか? 高原なりの意思表示なのかもしれませんね。画面にすべてが映されるわけではないので、単なる憶測ですが。
結果は、72分にバシュトゥルクのシュートをGKキルシュシュタインが止めきれずで、2-1。とにかく勝ち点3
で、17節のブレーメンvsHSV。今度はリーガ3位vs2位の対決です! ノルト・ダービーと呼ばれる北部ドイツのダービーマッチで、過去の戦績はまさに互角だとかで、盛り上がらないわけがありません。びっしりと埋まったスタンド、途切れることのない大歓声に、選手たちもヒートアップ。イエローカードも乱れ飛びましたが、荒れたゲームというよりいっときも目を離せない猛攻に終始したゲームでした。
特に前半のブレーメンの攻めは激しかった。4分、11分、14分、25分、27分、み~んな枠に飛んだいいシュート(HD,FK含め)でしたが、これをGKキルシュシュタインがことごとくファインセーブ。こんなゲーム観たことありません! そればかりか、ミクーのPKまで片手ではじいて止めてしまいましたからね~。もっとも、そのすぐあとのロスタイムに、ミクーの絶妙のFKが直接ゴールに決まってしまうのですが、これはもう仕方ないでしょう。よく1点で前半をしのいだ!って感じです。
そして後半、キルシュシュタイン(短い愛称はないのかな…)の活躍はまだまだ続くんです~♪ 1対1のピンチを2度も防ぎましたからね~。正GKヴェヒターの怪我で、25歳にしてリーガデビューを果たした遅咲き選手。このチャンス、逃してなるか!のど根性、たっぷりと見せていただきました。ヴェヒターの顔は覚えてないけど、キルシュ(適当に短くしちゃった)の顔は出番が多かっただけに、しっかりくっきり焼き付いちゃいました(参考までに写真はこちら)。
55分過ぎからは、一方的に攻められるのではなく、両者の激しいせめぎあいが続き、ブレーメンのGKも負けじとファインセーブ。相乗効果、なんでしょうかね?
何より嬉しかったのは、65分にピッチインした高原とクチュコビッチが、ふたりで同点ゴールを叩き出してくれたことです。右サイド、高原が粘って粘ってパスしたボールが、うまいことクチュコビッチの前にこぼれての、ピッチインわずか2分後の出来事でした。2枚替え、ずばり当たりましたね!
試合は結局1対1の引き分けに終わりますが、昇り調子のブレーメンにあれだけ攻め込まれて同点に持ち込んだのだから、よく頑張った~!!と言いたいです。今回は、試合後のチームメイトの輪の中に高原の姿も見つけることができました。やれやれ。
ところで、クチュコビッチという選手、初めて見ましたが、まだ19歳なんですね。プロフィール(こちら)を見ると、“バルバレスを慕い(おぉ、すばらしい!)ハンブルガーSVに加入”、もともとは“DF出身の控えめな選手”で、“FW欠員が理由で攻撃要員としてピッチに”上がり、“その試合で3得点”して“起用されつづけているという異端FW”、ですって。
面白いじゃないですか! で、つい最近、ムペンザがカタールのアル・ライヤンというクラブに移籍が決定したようですが、んっと、このクチュコビッチはこれからHSVのFWで起用される場面が増えるのかしら? 高原もW杯をにらんで、移籍がどうなるか……。HSVがチャンピオンズ・リーグ出場の可能性が高いだけに、出場機会が確保される見込みさえあれば踏みとどまってほしい気がしますが、うー、難しい決断を迫られますね。
 
Genre: スポーツ Theme: サッカー Category: サッカー
編集[管理者用] Trackback(1) Comment(2) 
Realmadrid.com の日本語版にカッサーノのインタビュー(2枚目の写真、『プラトーン』のウィレム・デフォーに似てるような)が載ってました。
ふぅ~ん、訳のせいもあるかもしれませんが、なんだかとっても普通に大人じゃないですか。優しいところもありそうだし、ちょっと安心というか、拍子抜け。ここで答えているとおりのカッサーノであるならば、サッカーを通しての出会いや経験で成長した(成長中?)ってことかもしれませんね。
色眼鏡は収めて、すべてはピッチの上で見せていただくといたしましょう(^^)

 
Genre: スポーツ Theme: サッカー Category: サッカー
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
2006.01.09/ 02:39(Mon)
サッカーネタで気分が暗くなったので、昨夜の料理ネタで気分転換です。
カレー専門店で挽肉を使うキーマカレーなるものを食べてから幾数年、こういうの作れたらいいのにな~、と思っていたのですが、今日スーパーで“手作り用キーマカレー”なるものを発見♪ 紙ではないプラスチックの箱には、“本格カレーセット”“スリランカ風挽肉カレー”の文字も踊り、ケース越しにローリエの葉っぱや唐辛子が透けて見え、なにやらほんとに本格そう!
というわけで、作ってみたのですが、これがほんとに美味しかった~♪ 辛味スパイス、香りスパイスも小分けされていて、自分で好みの味に調節できるところがまたgood!!
別途用意した材料は、玉ねぎ大1個、ピーマン2個、トマト中2個、サラダ豆(ひよこ豆・青えんどう・赤いんげん豆)2袋、合挽き肉150グラム。
野菜類はみじん切りだし、豆もそのまま食べられるタイプだから、調理時間も短く、お値段も安上がり。じゃがいも使わないし、塊り肉使わないから、カロリーも少なめ。
こりゃしばらくカレーはキーマに決まりですね~。ポイントはですよ。カレーの辛さと豆の甘さがすごく合うんですよね。ぜひぜひ、お試しを!
あ、ちなみにエスビー食品から発売の4皿分とある商品ですが、2人家族でほとんど余らなかったので(食べすぎ?)、育ち盛りor育ちたがりのご家族を抱えている場合は、2箱買ったほうがよいかも~です。
 
Genre: 日記 Theme: 日々のつれづれ Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(1) Comment(0) 
2006.01.09/ 01:42(Mon)
セリエにはまったく詳しくない私、マドリーに移籍したカッサーノってどんな選手?と思っていたけど、リンク先のアンジェリーナさんの“イケテル君だぁ~い好き!”の武勇伝情報と、参照したこちらを見て、どっぷり気分が暗くなりました。
応援する気…失せるなぁ……(><)! 腕の日本語よく見えないけど3文字目は“厄(わざわい)”って文字じゃないのかい?? 点を入れさえすりゃいい、なんて私は思えません。トッティも印象としてあまり好きじゃないんですが、そのトッティと仲がいいのかと思うと、憂鬱も深まります。
あーあ、ラウールともウマが合うとはとても思えません。精神的ストレスで、怪我の治りも悪くなるんじゃないかと気を揉んでしまいます。怖いもの知らずの傍若無人ぶりや、荒っぽいのもときに魅力的ですが、微塵でも可愛げがないとねぇ……。
この先、どうなることやら。実際のプレーは知らないので、チャンピオンズ・リーグで出場することがあったらまた何か書いてみましょう。


追記:コメント読まない方のために、訂正しておきます。如雪さんに教えていただいたのですが、カッサーノの腕の文字、3文字目は“尼”でした。息子の名前と勘違いした私が間抜けなコメント返してますが、本人の名前アントニオを漢字に直したものでした(><)
書初めならぬ、恥初めだなぁ(苦笑)
カッサーノにも失礼なこと書いてしまい、ちと反省しております。
 
Genre: スポーツ Theme: サッカー Category: サッカー
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2006.01.06/ 23:39(Fri)
1月3日の午前11時頃のこと、駅に向かう小道(両脇は庭木の植わった地主さんの土地)を歩いていると、目の前を2羽の小鳥が鳴き声をあげながら横切っていきました。
片方は全身が濃い黄緑色だったからすぐメジロとわかりましたが、もう1羽は…? たまたま地面に降り立ってくれたので、どれどれ~と見てみると、頭が黄緑色。羽の模様はスズメそっくりだけど、色にメリハリがありつややか。
あとで調べてみたら、その鳥は「アオジ」でした! 写真で見ていたより頭の色がくっきりした黄緑色だったので、元気ハツラツ~♪の若鳥だったのかもしれません。
ダンナの実家に行く途中で、デジカメも持っていましたが、私のデジカメではスズメ大の小鳥を撮っても甲斐のないことは目に見えていたので、肉眼でしっかりと焼き付けることに。だいたい、カメラをごそごそ出してるうちに逃げられるのがオチですしね。
自分では撮れなかったので、自分が見た印象に近そうな写真を探してみました。興味のある方は、こちらのページでチェックしてみてくださいね(^o^) 可愛いですよ
 
Genre: 日記 Theme: 日々のつれづれ Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
2006.01.06/ 19:28(Fri)
さぁっっぶいぃぃ~~っp(>_<)q
今日は初仕事。今回は会社に赴いての作業なので、自転車をこぎこぎ出勤しましたが、会えると思っていた他の在宅さん(在宅中心にデータ入力している契約社員)は来週からだとかで、半日、1階のフロアでぽつねんとキーボード叩いてました。
広いフロアじゃないけど、人がいないとさぶいんですよ。暖房はもちろんついてましたが、足元からしんしんと冷え込んで。帰り道もまたさぶかった! 「さびぃ~さびぃ~、顔が凍ってまうだ~」とつぶやきながら、途中からはこらえきれずに自転車ダッシュ! 必死に漕げば少しは体もあたたまるべ(なぜかナマる。でも、本当のお国言葉で訛るなら「あたたまるら」です)と、前傾姿勢で飛ばしてきました。風がないからよかったけど、向かい風だったりしたら、眉間にくっきり縦ジワだな(^^;
でも、東京ではまだ雪は降っても積もってもいないし、真冬の厳しさはこれからやってくるんですよね。今年の半端じゃない積雪量、テレビ画面で見るたび、豪雪地帯で生き抜く自信ないなぁ…って思ってしまいます。
昨年から青森に転勤になった○○君、奥さんとふたりで初めての雪おろしとかしてるんでしょうか? 年賀状は届いたので、元気でやってるとは思いますが、東京に戻ってきたら青森の生活じっくり聞いてみたいです。
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
今年のサッカー初めなのに、途中眠っちゃったなぁ…(^^; 里帰りの疲れでしょう。
で、リヴァプールの先発FWは、クラウチと珍しくシナマ・ポンゴルのツートップでした。中盤は、ジェラード番長、キューウェル、シソコ、ハマン。ベンチに並ぶルイス・ガルシア、シャビ・アロンソ、リーセ、シセ、モリエンテス(はいたかな?)の顔ぶれに、(変わってないのに)層が厚くなった気がするのは、やはりチームが好調で選手たちが頼もしく見えるからでしょうか?
とはいえ、今節は開始10分で失点してしまいました。フィナンの不要なファウルでFKを与え、それをGKレイナがファンブル、さらにヒーピアが不要なor中途半端なクリアをし、詰めていた相手選手にHDで押し込まれてしまったわけで、いやな立ち上がりでした。
前半、ハマンのグラウンダーのミドルシュートとか、ジェラードの絶妙のラストパスとか、トラオレの鋭いミドルシュートとか、単発でいいシーンはあったのですがゴールは遠く、後半もキューウェル、ジェラードと惜しいシュートはあるもゴールならずで、なかなかいい流れができませんでした。
でも、62分にルイス・ガルシア、65分にシャビ・アロンソと投入されると、徐々にリヴァプールにリズムが出始め、66分にはFWのようにペナルティエリアに切り込んだジェラードが倒されてPKを獲得。プレッシャーかかるシーンだと思いますが、ゴール右隅へのグラウンダーシュート、キャプテンみずから落ち着いて決めてくれましたp(^o^)q
ところがこの喜びは短く、70分には、あれあれ?という感じであっけなくディウフに追加点を決められてしまいます。しっかり見直してないのでわかりませんが、オフサイドトラップをかけ損なったのが原因のようで、あっという間にディウフとGKが1対1の状況に。DFが一人残っていた気もするけど、とにかく無防備な状態で逆転されちゃいました。
でもね~、なんとなくリヴァプールまだ点が取れる気がしたんですよね。まずい点の取られ方をしてしまったけど、あせっている感じはしなかったし。そしてそして、その瞬間はやってきました!
今度はオフサイドトラップに成功し、GKレイナ→ヒーピア→ジェラード→トラオレ→キューウェル(ちらっ)→クラウチ→シャビ・アロンソ(ちらっ)→ルイス・ガルシアと、8人の選手を介して、同点弾が相手ゴールに叩き込まれました この間、ボルトンの選手は一度もボールに触ることができませんでした。(ちらっ)と書いたのは、次にどこへ出すかチラッと見たあと正確なパスをつなげたことを表わしたかったもので(^^; ガルシアの、相手DFをあざむく胸でのワントラップもうまかったし、足を振り抜いてのシュートも見事でした!
いいですね~、美しいですね~♪ 連係プレー好きの私にはたまりません 途中で寝ちゃったりしてごめんなさい。新年早々、いいもの見せていただきました!
2-2の引き分けですが、荒れたピッチでのアウェイ試合だし、2位のユナイテッドもアーセナルに引き分けたので勝ち点差も開かずだし、まずまずよしとしましょう(^o^)

 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2006.01.01/ 00:57(Sun)
今年もよろしくお願い致しますm(__)m
結婚して十数年、元日は自宅で過ごし、2日に私の実家、3日にダンナの実家に行くというパターンなので、今日はのんびりです。
年明け早々気づいたチョンボ。“スカパー大開放デー!”は、全チャンネルが一日見られるものと思っていたのですが、なんと…10:00~15:00の放送のみじゃないですか…。
早起きして朝6時半からリヴァプール戦を見るつもりだったけど、だ~めだこりゃ。3日に民放で対ボルトン戦を放送するから、しっかり録画してあとで楽しみに見ることにします♪
2日、3日にそれぞれの実家に帰ることからわかるように、おせち料理らしきもの、ほとんど作りません(^^; そもそもおせち料理があまり好きじゃない、ってこともあり、ここ何年か元日は中華ちまきとカニ、その他かまぼこや伊達巻なんぞで済ませてしまっています。あとは日本酒と乾き物があればいい、ってことで。
昨年、実家に中華ちまきを持っていったら好評だったので、今年も持っていくつもり。中華ちまきは、自分でも「んまいっ!!」と思うプチ自慢の一品です。
もっとも、圧力鍋がないとできないし、料理の本なしで作れるほど手慣れてはいないので、得意料理の域には達していないのですが、ま、お正月と何か特別なことがない限り作らないから仕方ないですね。例年は大晦日の日に、あとは蒸すだけ、の状態にしておくのですが、今年は元日に作ります。
そうだ、去年は電子レンジでできる栗きんとん、というのを作ってみたんだった。くちなしの実など使わなくてもきれいな色に仕上がり、美味しくもあったのですが、ダンナは栗きんとん好きじゃないし、それぞれの実家にも栗きんとんはあるしで、私だけ飽きるほど食べることになり、ただ太っただけでした(^^;
クリスマス~お正月にかけては、魔の10日間ですね。せいぜい頑張ります。あ、忘れてた!
ピーチく~ん、お誕生日おめでとう\(^0^)/
それでは、初カキコはこの辺で。次は、3日後くらいのアップになると思います。


←できました♪
 って、ホントはまだこれから圧力鍋で蒸すんですけど。
 甘栗も入ってます。1つ足りなかったから、
 それを食べた人はハズレだな(笑)

 
Genre: 日記 Theme: あけおめ Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(11) 
 
Copyright © 2006 五十路っ子 Road, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。