アラフィーに突入した主婦の欧州サッカー中心&日々の徒然blog
http://isojikko.blog10.fc2.com/
admin
 

プロフィール

五十路っ子

  • Author:五十路っ子
  • 夢は、スペインのサッカークラブ、レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのクラシコ観戦♪(ラウールが現役のうちに!)
    その他好きなサッカー選手は、ジェラード、モリエンテス、バルバレス。
    と書いたときから時は流れ、モリちゃんとバルバレスは引退してしまい、ラウールは今ドイツのシャルケで頑張っている。
    今はスネイデルも好きです♪

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
高原選手、同じくFWのラウトが不発のせいか、移籍寸前だったフランクフルトが相手ということもあってか(心理戦?)、19節以来の先発出場となりました~♪
20節、ハノーファー戦で顎を骨折したアイウトンに変わってピッチインしたときは、前半45分での絶好のチャンスでシュートを枠に飛ばせず、監督を怒らせてしまった高原。21節マインツ戦ではスタメンならずで、「ほらぁ、あのときシュートを決めなかったからぁ!」とキリキリしてしまいましたが、再びめぐってきたチャンス、今日こそ今日こそ決めてよね! 得点はもう使命だからねっ!!と、熱視線を送りつづけること80分。残念ながらネットを揺らすことはなりませんでした。
でも、今回はまずまずだったと思います。前半20分のトロコフスキーの先制点は、高原→バルバレス→トロコフスキーとつなげて生まれたゴールだったし、50分のミドルシュートはもう少し右にボールが切れていけば、ゴラッソと呼ぶにふさわしい豪快ゴールとなっていたでしょう。
フランクフルト、前半42分には、長いスローインからマイヤーのヘディング(ファンブイテンにも当たったが)で同点に追いついていたので、高原が決めていれば脚光を浴びたのは間違いなかったんですけどね。でも、そのあとすぐの52分、デ・ヨンク→トロコフスキー→ファンブイテンの右足からゴールが生まれたのは、高原が相手を脅かしたおかげもあるかもしれませんよね。
今節、一番嬉しかったのは、先制点、追加点をともに喜び合うお団子状態の中に高原の笑顔があったことです。今回は、得点を決めた仲間を称える側だったけど、次の試合では、得点を決めてポカポカ叩かれる側に回ってほしいものです。試合終了後の勝利を喜ぶ輪の中にも、久しぶりに高原の姿を見ることができ、ほんと嬉しかったです。
あと面白かったのは、トーマス・ドル監督って怒りの表現がいつもオーバーアクションなんですね。20節で高原に怒ってる姿を見たときは、あぁ~あんなに怒らせちゃった…と、びびってしまいましたが、あれでけっこう発散してるんだって思いました。
フランクフルト戦、90分にアトゥーバが不注意なパスを出してボールを奪われ、同点ゴールか!という最大ピンチがあったのですが、タイガー・ウッズのガッツポーズを3倍くらいオーバーにしたような振りで、監督は今日も怒りを爆発させておりました(^^;
次節の対戦相手はシュトゥットガルト。前節HSVが負けたマインツを相手に、新監督のもと白星スタートを飾ったそうなので、アウェイのハンブルクにもやる気満々で乗り込んでくるでしょう。好試合になりそうで、楽しみです(^^)
余談ですが、フランクフルトもとってもいい雰囲気のチームみたいですね。試合に負けたあと、監督と選手がピッチ上で短いミーティング。1-2というスコアではありますが、後半はハンブルクが防戦いっぽうだったし、「スコアでは負けたが、気持ちと内容は負けてない。自信を持って、ひとつでも上を目指していけ!」なんて声が聞こえてきそう。サポーターたちも、負けたとは思えぬ拍手を送るし、旗振ってるし。
フランクフルトには後半ピッチインした韓国代表のチャドゥリというFWがいるので、高原が移籍していればアジア選手のツートップなんてシーンも見られたのでしょうが、私は高原が来季のチャンピオンズ・リーグに出場し、活躍する姿が見たいです! そのためにも、いっそう頑張ってほしいと思っています。
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

こんちは!

http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/で取り上げられていたので、見にきました。僕もブログをはじめようカナと思っています。又見に来ますね(^^)ノシ

NAME:鈴木 | 2006.02.20(月) 18:32 | URL | [Edit]

 

to 鈴木さん

ご訪問ありがとうございます。機会がありましたら、またぜひお越し下さい^^

NAME:五十路っ子 | 2006.02.20(月) 22:13 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 五十路っ子 Road, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。