アラフィーに突入した主婦の欧州サッカー中心&日々の徒然blog
http://isojikko.blog10.fc2.com/
admin
 

プロフィール

五十路っ子

  • Author:五十路っ子
  • 夢は、スペインのサッカークラブ、レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのクラシコ観戦♪(ラウールが現役のうちに!)
    その他好きなサッカー選手は、ジェラード、モリエンテス、バルバレス。
    と書いたときから時は流れ、モリちゃんとバルバレスは引退してしまい、ラウールは今ドイツのシャルケで頑張っている。
    今はスネイデルも好きです♪

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
発見と言っても、知らなかった私が驚いた!って話です。
まずはバルバレスが、来季契約延長のオファーを断りハンブルガーSVを移籍する意向だってこと。ボスニア・ヘルツェゴビナ出身(現代表)のバルバレスですが、ブンデスリーガでプレーすること早14年。1992年ハノーファー96を皮切りにクラブを渡り歩き、2000年からは5つめのクラブ、ハンブルガーSVで中心的役割を果たしてきました(と思う)。今シーズンのバルバレスしか知らないので、“と思う”としか書けないのですが、移籍した2000-01季には得点王(22点)に輝いているし、激しさのなかに垣間見える優しさ(仲間を大事にする、守るという意味)にリーダーシップを感じます。34歳の今、肩の力を抜いた熟練した動きをみせつつも、ときおりピッチ上で示す気性の激しさ、若かりし頃はさぞや!と思わずにいられません。
とにかく、HSVの試合を見るうちに、すっかりバルバレスファンになってしまったわけですが、今季限りで移籍してしまうのかと思うと寂しいです。もちろんサッカー人生が終わるわけではないので、応援することはできるのですが、ハンブルガーSVがチャンピオンズ・リーグ出場圏内に留まりそうなだけに、移籍するならCL出場クラブにしてくれよ~!!と思わずにいられません。
そして次に驚いたのは、高原が“ほぼ”おらが町の出身だったという事実です。サッカーをよく見るようになったのは2002年W杯以降なので、このW杯に出場できなかった高原は、私にとっては日本代表の高原であるよりハンブルガーSVの高原であり、以前の経歴などまったく知りませんでした。で、なんとなくネットで調べたところ、“静岡県三島市出身”とあるじゃないですか! 私は三島市近郊の生まれなので、正確には“おらが町の選手”ではないのですが、たぶん一番身近で生まれたプロサッカー選手だと思います。沼津市出身の小野伸二以上に。ま、年代が違うので、彼らが生まれた頃には私はもう東京にいましたが…(^^;
というわけで、高原選手、“故郷に錦を飾ってくれ!”という意味でも、応援してみたいと思います。それにしても日本代表FW選びは難航しそうですね。そのとき誰が一番“ノッてくれるか”、まるで予測がつかない気がします。
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

高原は2000年から2002年までがピークだったかなぁ。
その辺りでは、間違いなく日本のナンバー1FWでしたよ。

ドイツに行ってからダメになった。

NAME:アガホア | 2006.03.17(金) 23:47 | URL | [Edit]

 

to アガホアさん

そうですか~、輝かしいときがあったんですね。確かに、ブンデスリーガの試合を見るようになってからずっと、高原の得点を待っています。先々シーズンは、「日本で試合放送があると高原は得点しない」とか言われてて。その高原がカーンのリーガ無失点記録をストップさせたってのもなんとも皮肉。あ!“カーンの呪い”かもしれない!!
今シーズン、3点は取ってほしいんだけどなぁ…。

NAME:五十路っ子 | 2006.03.18(土) 21:41 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 五十路っ子 Road, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。