アラフィーに突入した主婦の欧州サッカー中心&日々の徒然blog
http://isojikko.blog10.fc2.com/
admin
 

プロフィール

五十路っ子

  • Author:五十路っ子
  • 夢は、スペインのサッカークラブ、レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのクラシコ観戦♪(ラウールが現役のうちに!)
    その他好きなサッカー選手は、ジェラード、モリエンテス、バルバレス。
    と書いたときから時は流れ、モリちゃんとバルバレスは引退してしまい、ラウールは今ドイツのシャルケで頑張っている。
    今はスネイデルも好きです♪

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
第1回ワールド・ベースボール・クラシック王者の栄冠が、ニッポンの頭上に輝いた。ここまで来るのに、いったいいくつの“まさか”があったでしょうか?
2次リーグの対アメリカ戦でのタッチアップの誤審に始まり、韓国戦でのタッチアウト寸前で起きた3塁手のまさかの落球、そして敗戦。最大の“まさか”は、韓国にも日本にも負けていたメキシコが、アメリカ相手に2-1で勝利し、日本に準決勝進出の権利が転がり込んできたことでした。私なんか100%あきらめていましたからね~(^^; メキシコ奮闘の火付け役は、アメリカ戦で誤審を下したボブ・デヴィッドソンだったというのが笑えます。ライトポール直撃のホームランをエンタイトル・ツーベースにしたという、白を見て黒というほどの大誤審(わざとか…)で、メキシコが燃えたって話ですからね。アメリカの選手だって、気まずくなかったのかな? かえって動揺するっていうか、勝ちづらくなっちゃったとこなかったんでしょうかね?
こうして迎えた準々決勝は、1次リーグ2次リーグで2敗を喫した韓国との再々対決。2次リーグで韓国に負けたとき、イチローが「自分の野球人生で一番屈辱的な日」と言い放ったあとでの因縁対決。これを6-0で完封勝ちしたのは“ごく小さなまさか”かな? いや、上原投手のピッチングはすばらしかったです! 何より個々の選手たちに気迫がみなぎっていました。
そして今日の決勝戦、初回表で4点を日本が先取するというこれまた“まさか”のスタートで、私は「な~んだ、ボロ勝ちしちゃうんじゃつまんないなぁ」なんてことを能天気に思ったわけですが、1点差まで追いつかれたときには、私の中での“こりゃあかん率”は70%くらいにアップ。キューバが裏の攻撃というのがまた恐怖でした。
でも、今日の日本はよくある“あと一歩で涙をのむ日本”じゃなかった。9回表に相手を突き放す4得点! 都合10対6でキューバを撃破~\(^0^)/ 途中キューバが追い上げてきたときは、甲子園球児か?と思うような“まさか”の守備ミスを連発し、肝が縮んだんですけどね(笑)
9回、1死2、3塁(だっけ?)でのイチローのヒットが効きました! “これ以上ない舞台が整った”ところでのタイムリー。すごいよイチロー。韓国戦のときだったか、スタンドに“有言実行 イチロー”と書かれた応援旗があったけど、まさにそのとおり。
野球はよほどの大試合しか見ないんですが、今回はアメリカ戦以降、目が離せませんでした。試合終了後、ピッチャーマウンドに置かれた小さな日の丸、そして紙吹雪舞うなかでフィールドに翻ったドでかい日の丸、いい光景でした♪
ジーコジャパン、指をくわえて見ている場合じゃないですよ~! W杯頑張らないと、野球に人気をさらわれそうですぅ。
なにはともあれ、WBC日本優勝おめでとう!

※キューバの12番の選手、若返ったロナウド風じゃありませんでしたか?
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Comment(10) 
 
Comment
 

日本やりましたね!イチローはさすがですね。そして福留は見事に期待に応えてくれました。大塚も見事に締めました。
川崎の凡ミスにはハラハラしましたが優勝できて良かったです。

NAME:TOM | 2006.03.21(火) 18:02 | URL | [Edit]

 

五十路っ子さん、こんばんは。
ひょっとして、TB送信上手く行かなかったみたいですね。毎度申し訳ありません。

サッカーも続いてほしいものですね・・・と、言うだけ言ってみるテスト。

TBしてみます^_^;;

NAME:Orfeo | 2006.03.21(火) 20:48 | URL | [Edit]

 

to TOMさん

コメントありがとうございます。プロ選手もド緊張の試合だったようで、見ごたえありましたね。
今回の一連の試合で、次もまたWBCを見ようという気になりました♪

NAME:五十路っ子 | 2006.03.21(火) 21:42 | URL | [Edit]

 

to Orfeoさん

こんばんは。ニッポンに追い風、次はサッカーだ!と、意気込んでみるそぶり…いえ本気、次はサッカーの出番です、って!e-219

NAME:五十路っ子 | 2006.03.21(火) 21:45 | URL | [Edit]

 

ヤバイヨ!

野球も一発勝負なら面白い。
僕も普段はまず観ませんが。

それにしても、サッカーの日本代表は大丈夫だろうか。私はかなり悲観的ですけど(泣)
確か98年もこんな感じだったな。不安だらけの予想が的中。で、3連敗。

今回もヤバイと思うんだよねぇ。

NAME:アガホア | 2006.03.23(木) 02:46 | URL | [Edit]

 

to アガホアさん

こんにちは。夜行性になってますね(笑)
今、『決戦前夜』って金子達仁が書いた本読んでる途中なんですが、これ読むと、フランス大会に行けたこと自体が奇跡のようですね。
この本読んだら『惨敗』も読むつもりなんですけど(縁起悪い??)

NAME:五十路っ子 | 2006.03.23(木) 12:55 | URL | [Edit]

 

五十路っ子さん、こんばんは。
今回のWBCには、審判の問題を含め、課題はいろいろありましたね。これを見ていると、サッカーのW杯というのは、長い歴史と共にいろんな課題が整備された素晴らしい大会だと改めて感じました。
野球ではルールの解釈が国々で違ったり、ボールの種類も異なるのですが、これから着実に課題が克服され、より素晴らしい大会になることを願っています。

NAME:新右衛門 | 2006.03.23(木) 21:06 | URL | [Edit]

 

to 新右衛門さん

おはようございます(^^)
アメリカも雪辱に燃えるでしょうし、日本も韓国もメキシコも、今回で胸に秘するものができたでしょうし、次回は予選リーグから盛り上がっちゃいそうですね。
審判だけは、なんとかして下さい!と思っています。

NAME:五十路っ子 | 2006.03.24(金) 09:27 | URL | [Edit]

 

何でメディアは・・・

『惨敗』は秀逸です。他に馳星周共著『蹴球中毒』もいいですよ。。。
さらに、セルジオ爺との『警鐘』も良かったです。これじゃ、金子達仁おたですね。

何か楽観モードが漂ってますね。
ビドゥカ・アロイージの2トップ
キュウエル・ケーヒル・ブレシアーノ
の中盤を日本の守備陣が簡単にストップできるとは思えないですが。。
02代表より守備力は落ちてるのに~
粕○さんはQエル落ちてると言いますが、
あんなボレーを見せられると・・・

安易な話題作りを優先して世界との比較・検証を全くしないドメスティクな評価ばかりをする民放・新聞メディアは・・・

クロアチアよりも格下と思われている
オースラリア選手でさえも、単純に所属クラブは日本代表の欧州組よりランクが上のクラブが多いんですけどね~
もちろんそれが全てではないですけど。

初戦が全てです。これこそ、初戦が
『負けられない闘い』ですよね☆

NAME:レドンド | 2006.03.24(金) 15:52 | URL | [Edit]

 

to レドンドさん

金子氏の本3冊持っているので消化中です。『決戦前夜』は読み終わりました。この頃よりは今の代表はたくましくなっていると思うのですが、うまくなっているか強くなっているかはわからないですね。場数を踏んだという意味では成長していると思います。
おススメ本の紹介、ありがとうございました。ツンドク本が溜まっているので、すぐには手が出せないと思いますが、頭にinputしておきます。

NAME:五十路っ子 | 2006.03.24(金) 22:24 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2017 五十路っ子 Road, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。