アラフィーに突入した主婦の欧州サッカー中心&日々の徒然blog
http://isojikko.blog10.fc2.com/
admin
 

プロフィール

五十路っ子

  • Author:五十路っ子
  • 夢は、スペインのサッカークラブ、レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのクラシコ観戦♪(ラウールが現役のうちに!)
    その他好きなサッカー選手は、ジェラード、モリエンテス、バルバレス。
    と書いたときから時は流れ、モリちゃんとバルバレスは引退してしまい、ラウールは今ドイツのシャルケで頑張っている。
    今はスネイデルも好きです♪

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
『火の粉』とは打って変わった、青春小説、恋愛小説でした。
主人公・香恵は、地方出身で一人暮らしをしている女子大生。大学の伝統あるマンドリンクラブに所属し、文具店(万年筆売り場)でアルバイトをするという、ありがちな“部活+バイト”生活を送っているが、ある日、自分の部屋の前の借り主が忘れていった1冊のノートを発見する。ノートは小学校4年生の担任となった女性の始業式前日からの日記帳であり、最初のうちは読むのを遠慮していた香恵も、生徒たちとの楽しい交流や不登校児童の母親との手紙のやりとりなど、“伊吹先生”の温かくて真摯で、チャーミングな人柄を偲ばせる記述を読むにつれ、日記を読むのが楽しみになっていく。
日記が一学期の終わりにさしかかった頃、突如、“隆(タカシ)”という人物が出現した。以後は、伊吹先生の苦しい恋の胸の内などもときおり混じるようになり、同じように進展しない恋の悩みを抱えていた香恵は、自分と伊吹先生を重ね合わせて、ふたりがうまくいくことを願いながら日記を読み進めるようになっていく――
さてさて、日記のふたりはどうなったのでしょう? そして、香恵が万年筆売り場で出会い、恋心を抱いたイラストレーターとはどうなるのでしょう? 香恵の親友が留学している間に、自分に言い寄ってきた親友の恋人を、香恵はどうするのでしょう?
ストーリーの大きな流れは予想がついてしまいましたが、心の傷を埋めきれなくとも、その傷に寄り添える人との出会いというものを信じてみたくなる、静かな感動をよぶ作品でした。
それにしても、女性が書いたような作品でびっくりです。作者のあとがきを読んで、その謎(?)も少し解けます。作品を読み終わったら、ぜひあとがきも読んでほしいです。
小説の前半、万年筆売り場の場面が多いだけに、薀蓄っぽくもあるのですが、「万年筆なんて書きにくい」とだけ思っていた私は、なかなか面白く読めました。といっても、筆圧の強い私の場合、さらさらと書くことはできないだろうから、やっぱり縁がないかな(笑)
スポンサーサイト
 
Genre: 小説・文学 Theme: 読書感想文 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
 
Comment
 

最初マンドリルクラブと読んだ。
http://www.page.sannet.ne.jp/tazuke/mando.htmlこいつね。
伝統あるマンドリルとは何だろうと少し考えてから間違いに気付いた(笑)

NAME:アガホア | 2006.04.11(火) 01:14 | URL | [Edit]

 

to アガホアさん

マンドリル、知ってる知ってる♪ 幼い頃の最大の愛読書は動物図鑑(絵)だったんです(^^)
こんなカラフルな写真もあったよ↓
http://www.city.chiba.jp/zoo/zone/01/01-j.html
部員は全員この化粧が義務づけられる、なんて思ったら笑えてきた~。一応、歌舞伎系、ですね(笑)
“哺乳類全体のなかでも類を見ない美しさ”とは大きく出たな…。人間は負けてるってことか(爆)

NAME:五十路っ子 | 2006.04.11(火) 11:22 | URL | [Edit]

 

こんばんは。
クローズド・ノート読んだんですね。
私も久しぶりの雫井さんの新作にわくわくして図書館に予約しました。
今日図書館から連絡あったので、近々とりに行ってきます。
これはミステリーではないんですね。
ちょっとがっかりだけど、でも面白そうなので楽しみです。

NAME:ラブラブラッキー | 2006.04.11(火) 20:16 | URL | [Edit]

 

to ラブちゃん

こんばんは~(^o^)
ずいぶん違う路線の小説を書いたなぁ、と驚きましたが、あとがきを読んで、作者の特別な思いのこもった作品と知りました。
ラブちゃん、きっとこの作品気に入ると思うよ。おススメです♪

NAME:五十路っ子 | 2006.04.11(火) 22:23 | URL | [Edit]

 

>五十路っ子さん

ハリウッド女優もマンドリル以下なのか・・・まあ独創的な価値観ですこと(笑)

NAME:アガホア | 2006.04.11(火) 23:06 | URL | [Edit]

 

to アガホアさん

彩色という観点から見ると、ヒトは♂も♀もきわめて単調ですからね~。うちのピーチ君にも負けてるわ(笑)
あ! もしや派手な化粧は、その劣等感を克服するためにあるのか?って、ちゃうちゃう。

NAME:五十路っ子 | 2006.04.11(火) 23:26 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 五十路っ子 Road, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。