アラフィーに突入した主婦の欧州サッカー中心&日々の徒然blog
http://isojikko.blog10.fc2.com/
admin
 

プロフィール

五十路っ子

  • Author:五十路っ子
  • 夢は、スペインのサッカークラブ、レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのクラシコ観戦♪(ラウールが現役のうちに!)
    その他好きなサッカー選手は、ジェラード、モリエンテス、バルバレス。
    と書いたときから時は流れ、モリちゃんとバルバレスは引退してしまい、ラウールは今ドイツのシャルケで頑張っている。
    今はスネイデルも好きです♪

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
あ~もぅっ!!! 納得いかないp(><)q
なんでトロコフスキーがPKもらえなくて、バルデスがPKもらえるの!? シュートチャンスの妨害度からいったら、バルデスに対するブラルーズのディフェンス(確かに少しは手をかけたけど)より、トロコフスキーに対するヴィーゼのスライディングのほうが圧倒的に大きかったと思うけど! バルデスだって、え、PKもらえるの?って顔してたじゃない。まぁ、そのPKはボロウスキーがポストに当てて外してくれたので、ことなきを得たけど、その時点(82分)で1-2でブレーメンがリードしてたわけですから、冗談じゃないですよ!! 主審のメルクさんの判断基準がようわからん。前節ハンブルクのハンドが2度に渡って見逃されたときの審判は誰だったかな? W杯でこの手の納得しがたい判定で勝敗が分かれた場合、こりゃ遺恨を残しますよ。
あぁしかし、それにも増してアイウトン!!p(><)q ゴールマウスが半分空いている状態での1対1、至近距離からのシュートをなぜに外すっ!!! 今節、先制点はブレーメン。クローゼからのパスをゴールマウス近くで受けたクラスニッチが、左足で押し込んで前半に1点(27分)。ややHSVペースで進むも、なかなかシュートは枠にいかず、飛んでもDFやGKにクリアされるという焦れた展開のなか、59分にバルバレスが待望の同点弾 左サイドからトロコフスキーのFK→バルバレスが相手DFより体半分高くジャンプしてHD→GKヴィーゼ、両手に当てるも弾ききれず、でした。スタンドが一斉に沸いた瞬間でした♪
ここで勢いに乗りたいハンブルク。65分、そのチャンスはやってきました。右サイドでパスを受けたバルバレスがゴールに向って走り、打つかと思われた瞬間、左サイドからゴール前に入ってきたアイウトンに絶妙のタイミングでスルーパス。バルバレスに注意がいっていたGKヴィーゼの左側半分のゴールはがら空き状態。アイウトン、ちょんと足に当てて正面に押し込むだけのごっつぁんゴールだったはずなのに! バルバレス、アイウトンにゴールを取らせてあげるんだなぁ、って感動一歩手前だったのに! なんじゃその中途半端なループシュートは!!(>o<) ループじゃなくて単なる打ちそこないだと思うけど、あまりといえばあまりだよ……。
このあと70分にもアイウトンとラウトの立て続けの決定機があったのですが、どちらもGKヴィーゼに封じられてしまいました。ここで巻き返したのがブレーメン。71分、ボロウスキーの強烈なミドルシュートはDFの体に当たって命拾いしたものの、72分、イェンセンのセンタリングをナウドが頭で合わせ、ふわんとしたボールをショートバウンドでクローゼが左足ですくい上げて逆転ゴール! この瞬間、再びブレーメン2位浮上。
しかし、HSVも粘ります。76分、左サイド深くからクラスニッチのラストパスを受けたクローゼが至近距離からどんぴしゃのシュートを打つのですが、GKキルシュシュタインがファインセーブ! なんとかなるかも、と期待がふくらみかけたところでの、冒頭に書いたトロコフスキーとヴィーゼのプレー(77分)、そして、ブラルーズとバルデスのプレー(82分)ですよ。
81分に、待ちに待った高原がピッチインした直後ですから、間の悪いこと。PKは入らなかったわけですが、なんかもう冷静なプレーなんてできないですよね。高原にワンチャンスが欲しかったのですが、その機もないまま、ロスタイム1分58秒、無情の笛が鳴りました。
最終節、ホームで勝って、2位でCLに臨みたかったですね。ブレーメンの得点シーンはどちらも見事でしたが、判定に納得いかないし、アイウトンにはなんだよぉ…とガッカリさせられるしで、(予備選からでも)CLに進めることは喜ばしいけど、今の気分は曇り空です。

日本vsスコットランドの試合もあったんでしたね。ブルガリア戦併せて印象に残ったことといえば、攻撃面で三都主の光ったプレーがあった、ってことかなぁ。軽いDFは今も不安だけど、ラストパスの精度は(ときどき)光りますよね。

バルバレスの去就はいかに? 高原はハンブルクに残ればCLに出場の機会はめぐってくるのかしら? わっかりっませ~~ん。今夜はフテ寝だな。
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
 
Comment
 

ラッキーボーイ

最終戦のハンブルガーvsブレーメン、息を呑むシーンが何度もある試合展開だったのですね。高原に、ここ一番で本領を発揮できる選手になって欲しいけれど…。今のジーコジャパンに、そういうラッキーボーイ的選手っていませんね。

話は変わりますが、五十路っ子さんのブログを自身のブログのリンク集「サッカーマニア」に入れさせて頂きました。

NAME:オルサ | 2006.05.14(日) 13:54 | URL | [Edit]

 

to オルサさん

ラッキーボーイ! そうなんですよ! 昨日も「中山ゴンちゃんみたいな、ピッチインするだけで、わぁっと盛り上がる選手が欲しいなぁ」って思ったところだったんです。あ…それはムードメーカーか(^^; キャラとしては大黒選手に期待しています♪
今の日本代表は生真面目すぎるのかもしれないですね。得点できなかったり先制されると、必要以上に重苦しい雰囲気になってしまうようで、そこが気になります。
悲願の…とかいうんじゃなくて、「W杯に出る以上、勝たなきゃ面白くないぜ! 俺がやったる!!」というノリで、熱くぶつかっていってほしいです(^^)
こちらもオルサさんのブログ、リンクに加えさせていただきました♪

NAME:五十路っ子 | 2006.05.14(日) 16:12 | URL | [Edit]

 

おめでとうございます!

五十路っ子さん、ブログ開設1周年、おめでとうございます!これを言いたくて、日付が変わるのを待っていました。

これからも熱のこもった記事、楽しみにしています。

NAME:オルサ | 2006.05.15(月) 00:26 | URL | [Edit]

 

to オルサさん

あれ~、びっくり!!
日付が変わるのを待ってコメント下さったなんて、感激ですぅ(*^^*) なんだか誕生日を祝っていただいたような照れくさい感じです。オルサさんとこのブログで、半分催促したようなものでもありますが(笑)
ブログは、“五十路っ子”の語呂合わせで5(いそ)月15(じっこ)日から始めることにしたんです。それなら忘れないと思って。でも、昨日まで忘れてたんですけどね(^^; 1年経つなんて早いですね。もう1年もあっという間でしょうか? これからもどうぞよろしくお願い致します♪

NAME:五十路っ子 | 2006.05.15(月) 01:27 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 五十路っ子 Road, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。