アラフィーに突入した主婦の欧州サッカー中心&日々の徒然blog
http://isojikko.blog10.fc2.com/
admin
 

プロフィール

五十路っ子

  • Author:五十路っ子
  • 夢は、スペインのサッカークラブ、レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのクラシコ観戦♪(ラウールが現役のうちに!)
    その他好きなサッカー選手は、ジェラード、モリエンテス、バルバレス。
    と書いたときから時は流れ、モリちゃんとバルバレスは引退してしまい、ラウールは今ドイツのシャルケで頑張っている。
    今はスネイデルも好きです♪

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
出遅れた感想ですが、やっぱりね、この試合のことは書いておかなくちゃ(^^)
第1戦で素晴らしいパスワークを見せたスペインは、2戦目もまったく同じ布陣でチュニジアに臨みました。じつは、後半からライブ観戦していたダンナが、起き抜けに「結果聞きたい?」と何やらニヤニヤ。観てない試合の結果は聞きたくないけど、いい話ならほんの少し聞いてみたいかも…と疑いのまなこを向けてる私に「ラウル」とひとこと。キャ~、ラウールがゴールを決めたのねっ!!!(*^o^*) 狂喜乱舞…はしなかったけど、天にも昇る心地。4年前の日韓W杯でラウールのゴールシーンに一目惚れしてサッカーファンになった私、待ちわびた舞台でまたラウールのゴールが見られるなんて、嬉しいったらありゃしません♪
なので、開始8分でチュニジアのムナリにあっさりと先制されても気持ちは落ち着いていました。前半は、どっちかっていうと元気づいたチュニジアペースだったかな。スペインは第1戦のようなリズムのよさが見られず、前半終了間際のシャビからのCKにシャビ・アロンソの惜しいHD(相手DFがHDでクリア)があったのが唯一の決定機だったと思います。
後半、アラゴネス監督が勝負に出ます。ルイス・ガルシア→ラウール、マルコス・セナ→セスク、といういきなりの2枚替え。雨の中、ピッチインしたラウール、CPマークは腕にないけど、ピッチ上のみんなに檄を飛ばす姿はやっぱりスペイン代表の魂だわ♪ 一緒にピッチインしたセスクとも「行くぞ!」という抱擁を交わして、うーん、いい感じ! 後半早々、セスクやペルニアが鋭いミドルシュートを放ち攻撃モード全開。それでもまだノリきれないスペインに、アラゴネス監督はまたも勝負に。56分、早くも3人目の交代。あまりボールに触れてない(←目立ってなかったから、たぶんね)ビジャに代えて、右サイドのドリブラー、ホアキンを投入。チュニジアも直後の57分にブアジジ→ゴドバン、アヤリ→ヤヒアと、MFとDFの2枚替えで守備を固めて(?)きますが、功を奏したのはスペインのほうでした。
71分、ついにその時がきました! シャビが右サイドを駆け上がったホアキンにパス→ホアキンが相手DFを焦らしながらグラウンダーのパス→トーレスのスルー→セスクのシュート→GKが弾いたこぼれ球にラウールがDFと競りながら足を伸ばす→入った!入った、入ったぁ~~\(^O^)/ 不得意な右足ってのがまたいいじゃないのぉぉぉ!!!!! とうとう同点に追いつきました♪ いやぁ、ラウールのシュートが決まると知ってなかったら、この71分間はきつかったなぁ(笑)
ここからはもう完璧にスペインペースでしたね。ピッチイン早々、パスにミドルシュートにと輝きを放っていた19歳のセスク、76分、ちらりとルックアップしたかと思うと、ピッチ中央から左サイドのスペースにグラウンダーの超ロングのスルーパス。呼吸が合わなければ、「なに誰もいないとこに蹴ってんだ」ってことになりそうなほどのパスでしたが、そこにはピッチを斜めに駆け上がっていくトーレスがっ! 裏を取られたDFを完璧に置き去りにし、GKもかわしていっただき~!の技あり右足アウトサイドのシュート。スペイン逆転♪♪♪ トーレスは1戦目に続き、走ったね~。下半身がしっかりしてて、若駒の感があるよ。
すっかりスペインペースになったので、あとはパスを回して2-1で終りかなと思ったのですが、締めは90分、ラウールのセンタリングにHDでとどめを刺そうとしたトーレスが相手DFに身体を抱え込まれてPK獲得。トーレス自身がこれを落ち着いて決めて、3-1で幕となりました。スペイン、1戦、2戦といい戦いっぷりが続き、嬉しいですねぇ。決勝はスペインvsアルゼンチンあたりで……なんてことを今ちょっと夢想してしまいました(笑)
第1戦でも思いましたが、代理召集された左サイドバックのペルニアが落ち着いていて結構いい感じ。右サイドのセルヒオ・ラモス同様、仕掛けるときには仕掛けられる選手だし、29歳には見えない年季の入ってそうな風貌がバルサの闘将ルイス・エンリケとだぶり、秘めた闘志、不屈の魂というものを感じさせてくれます。このまま頑張ってほしいですv(^^)v

H組もう一試合のウクライナvsサウジアラビアは、ウクライナが4-0で撃破。スペイン戦では冴えの見られなかったウクライナでしたが、開始4分、CKに飛び込んだルソルが右膝(?)で押し込んで先制点! 14分、またしてもCKのチャンスにシェフチェンコのヘディング!はDFに辛くもクリアされましたが、ウクライナ押せ押せムード。36分にはレブロフの強烈なミドルシュートがゴール左隅に突き刺さり、2-0で後半へ。
後半もウクライナペースでした。というか、開始早々の46分に、FK→シェフチェンコの見事なHDで3点目が入ってしまったので、サウジアラビアはもうどうしていいかわからないという感じでした。84分、シェフチェンコのアシストでカリニチェンコが4点目のシュートを決め、4-0で終了。スペイン戦での沈みっぷりが嘘のような、いえ、本来のウクライナの力が出た2戦目だったと思います。
H組はスペインが決勝トーナメント進出確定したわけですが、気になるのはG組の行方です。2戦終えてスイスと韓国が勝ち点4、フランスが勝ち点2、トーゴが勝ち点0。フランスには決勝トーナメント進出してほしいけどスペインと当たってほしくなく、韓国vsスペインというのも日韓W杯の因縁ゲームとなりそうで、非常に恐ろしい。まぁ、どういう組み合わせになってもスペイン百パーセント応援モードで行きまっすp(^o^)q
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(1) Comment(2) 
 
Comment
 

どっちを~

必要以上の期待はしていなかったものの、日本敗退はやはり残念でした。しかし、W杯は決勝リーグにいよいよ突入ですね。
どうしましょう!スペインとフランス戦。アンリファンの私としては、やはりフランスを応援したいと思いつつ、スペクタクルなサッカーを見せてくれる今回のスペインチームは大好きで、ラウールも復調を見せていて応援したいし~。どっちを応援したらよいのか悩みます。

NAME:オルサ | 2006.06.24(土) 14:03 | URL | [Edit]

 

to オルサさん

好きな選手って一人だけじゃないから困りますよね。観ているうちに、この国を勝たせたい、ってのも出てくるし。
でも、私の心は決まっていますよ~(^o^)

NAME:五十路っ子 | 2006.06.24(土) 23:39 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鮮やかな逆転劇:スペイン×チュニジア

グループHスペイン 3-1 チュニジア シュトゥットガルトでの一戦。スペインの先発メンバーは初戦のウクライナ戦とまったく同じでした。 劣勢が予想されたチュニジアでしたが、開始早々の8分にスペインから得
orfeo.blog【2006/06/22 18:32】

 

 
Copyright © 2017 五十路っ子 Road, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。