アラフィーに突入した主婦の欧州サッカー中心&日々の徒然blog
http://isojikko.blog10.fc2.com/
admin
 

プロフィール

五十路っ子

  • Author:五十路っ子
  • 夢は、スペインのサッカークラブ、レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのクラシコ観戦♪(ラウールが現役のうちに!)
    その他好きなサッカー選手は、ジェラード、モリエンテス、バルバレス。
    と書いたときから時は流れ、モリちゃんとバルバレスは引退してしまい、ラウールは今ドイツのシャルケで頑張っている。
    今はスネイデルも好きです♪

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
僅差でイタリアの勝利がいいかなぁ…なんて思っていたのですが、それは、華々しく最後を飾るジダンよりも、“力を出し尽くしても、すべてを勝ち抜いて栄光をつかむのは難しい”という、厳しさを受け容れる雄々しいジダンを見たい気持ちのほうが強かったから。負けて悔いなし、堂々と胸を張ってピッチを去るジダンに、一段と大きな拍手、満場のスタンディングオベーション、というのも感動的じゃないですか。あぁそれが……。マテラッツィがどんな言葉をジダンに投げつけたのかわかりませんが、手加減なしの頭突きを胸板に食らわせて一発退場。延長後半5分の出来事でした(><) ジダンって、瞬間的に沸点に達してしまうことがあるようですが、サッカー選手として同じピッチに立っているのが許せないくらいの暴言だったのかもしれません。あまりにも残念なシーンでした
試合は、開始7分にマルダがPA内でマテラッツィに倒されて得たPKをジダンが蹴って、フランスが先制。しかし19分には、ピルロのCKをマテラッツィがHDで叩き込んでミスを帳消しにし、もしかして派手な点取りゲームになってくれる?と期待が高まりました。前半はイタリアのほうが攻め込んでいて、35分、36分には、トニの惜しいシュートとHD(クロスバー)がありましたが、1-1のまま後半へ。
後半は逆にフランスのほうが攻めモードで、アンリが抜け出す場面が何度もありましたが、決定的とまでいえるシュートは打ちきれませんでした。今試合、よく動き、果敢に攻めあがるマルダも、今一歩ゴールまで及ばず。いっぽうイタリアは、セットプレーからトニのHDがゴールを割りますが、惜しくもオフサイド。ピルロのFKも惜しくも枠外。結局、堅守のチーム同士にありがちな延長戦へ突入となりました!
延長戦前に、ドメネク監督がジダンと何か話していたようですが、「あと30分戦いきれるか」と確認していたのかもしれませんね。延長戦前半、フランスには二度決定機がありました。9分、リベリとマルダのワンツーから、リベリがDFをかわしてシュート。しかし、わずかに右枠の外。14分のジダン→サニョル→ジダンのHDは、ネットを揺らすかに思えましたが、ブッフォンの右手が弾いて阻止。均衡崩れぬまま延長後半へ。
そして事件が……。事態に気づかぬ主審に猛然と抗議するブッフォン。ボールのある場所とは離れたところで、マテラッツィがピッチに倒れている。まもなく流れたVTRには、ジダンの頭突きの衝撃的シーン。副審に確認のうえ、主審がレッドカードを提示。世界中の誰ひとり、想像もできなかったことが起こってしまいました。ふぅ……。
試合は結局PK戦へもつれこみ、イタリアが先攻。今大会のPK戦、先攻のほうがみんな勝ったんじゃなかったかな? イタリアの1番手はピルロ。ど真ん中の上に蹴り込んで○。フランスのビルトール、右下に蹴って○。大ブーイングを浴びながらのマテラッツィは、右下に○。そしてフランスの2番手は、延長前半11分にリベリと交代で入ったトレゼゲ。しかし、左上を狙ったシュートはクロスバーに弾かれてしまいました(><) このあと、イタリアはデロッシ、デルピエロが成功。フランスもアビダル、サニョルが成功。次にイタリアが決めればイタリア優勝というところで登場したグロッソ、右上にズドン。イタリア5人全員がPKを決めて、6大会ぶり4度目の優勝を手にしました♪
ジダンの幕切れがああでなければ、もっとずっと爽快なのですが、どうもね…。決勝戦のマン・オブ・ザ・マッチには、好守で目立ちまくったカンナバーロが(と思ったら準決勝に引き続きピルロだった)、そして、最優秀選手にはカンナバーロを35ポイント上回って、やはりジダンが選ばれました。今大会でいちばん目を引き、みずからの集大成を見せるようなプレーを披露してくれたジダンですものね。退場劇があっても、納得です。
さっき、W杯の特集番組の最後で、マテラッツィがジダンの出身地に対する差別的発言をした“らしい”という話が聞こえてきましたが、もし本当だとしたら、マテラッツィにだってレッドカードです。言葉の暴力ですからね。世界中のサッカーファンが憧れのまなざしで見つめる舞台上で、あってはならないことだし、そういう言葉の暴力に無神経な人がピッチ上にいるかと思うと幻滅です。
しかし、特集番組に登場したマラドーナのノリノリ司会者ぶりと、ガットゥーゾの噛みつきぶり(?)には笑いました。あ~、W杯も終わってしまった。明日からどうしよう…。とりあえず、少し体重を落とさないとな。土曜の年1回の集まりで、いろんな人に「太った」と言われ、そんなにハッキリわかるのか…と動揺。W杯に釘付けだった日々。軽くヤバイこの頃です(←軽くないって!)
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(2) Comment(2) 
 
Comment
 

決勝戦のマンオブザマッチは

確かピルロ(大ファンです♪)じゃなかった?8年前越しのアズーリファンとしては今回は最高のWCでした。ジダンは今回1次リーグでイエロー2枚で出場禁止になった時にサッカー場のドアを蹴破ってその傷跡が記念に残されると聞いたけど。ネットで調べると以前にも突然切れることがあったようで、頭突きを食らわしたり、わざとプレー後に相手をふんずけて何試合も出場停止なったことがある前科持ちようね。ピルロが試合後にこんなコメントを、「たぶんナーバスになっていたか疲れていたんだと思う。本能で反応してしまったんだろう。それでもジダンはジダン、カンピオーネ(偉大な選手)であることは間違いない」ところでマテラティはチーム屈指のおしゃべり男だって!!挑発に乗っちゃったんだね~。残念。

NAME:luckycat33 | 2006.07.11(火) 16:18 | URL | [Edit]

 

to luckycat33さん

そうだね~、ネットで調べたらピルロがMOMでした。アバウトな性格のせいか、結構、間違えたこと書いてしまいます(><) 訂正しておきました。ピルロファンの方には、見過ごせませんよね(笑)
どうもありがとうございます♪ フランスの監督の名前も間違えていたので、あせって直しました(^^; これからも何か気づいたら、教えてくださいね~。

NAME:五十路っ子 | 2006.07.11(火) 17:34 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

W杯決勝!イタリア×フランス

なんだかんだで決勝。早かったような長かったような・・・。好きなチーム、応援してい
ショウの雑記帳【2006/07/13 15:08】

世界王者はイタリア!

決勝(@ベルリン) イタリア 1-1 フランス (PK:5-3) いよいよ迎えたファイナル。この試合の鍵を握ったのは、やはりあやつ、マテラッツィ。開始わずかに6分、自陣内からのロングボールをアンリが
orfeo.blog【2006/07/14 14:21】

 

 
Copyright © 2017 五十路っ子 Road, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。