アラフィーに突入した主婦の欧州サッカー中心&日々の徒然blog
http://isojikko.blog10.fc2.com/
admin
 

プロフィール

五十路っ子

  • Author:五十路っ子
  • 夢は、スペインのサッカークラブ、レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのクラシコ観戦♪(ラウールが現役のうちに!)
    その他好きなサッカー選手は、ジェラード、モリエンテス、バルバレス。
    と書いたときから時は流れ、モリちゃんとバルバレスは引退してしまい、ラウールは今ドイツのシャルケで頑張っている。
    今はスネイデルも好きです♪

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2006.08.13/ 01:37(Sun)
昨日は、アラスカに魅せられた写真家・星野道夫さんの没後10年のメモリアル写真展「星のような物語」を見に行ってきました(公式サイトはこちら)。1冊写真集を持っていて、先日も星野さんの足跡をたどった番組「アラスカ 星のような物語」も見ましたが、大きく引き伸ばした写真はスケールが違いますね! 東京では松屋銀座で14日までですが、このあと大阪や福島でも開催されるようなので、アラスカの大自然や動物に興味のある方、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう? 秋・冬のバージョンは、雪や氷に閉ざされた世界でもあるので、涼を求めたい方にもおススメです。もっとも、場内が混雑していると暑いかもしれませんが(^^;
写真展でもうひとつ。9月18日まで東京都写真美術館で開催されている水中写真家・中村征夫さんの写真展(こちら)にも行く予定です。なんでも、ザトウクジラの“原寸大”のモノクロ写真が展示されるのだとか。鯨ですよ、く・じ・ら! 中村さんには、今の主人ともども、17年前ぐらいに池袋での写真展でお目にかかったことがあります。若かりし頃、ダイビングをやっていたダンナのほうは沖縄で中村さんと遭遇したことがあり、夜はダイビング仲間たちともども一杯やりながら話が盛り上がったらしいです。征夫さんがダンナのことを覚えていてくれたかどうかはわかりませんが、ダンナは覚えてもらえているつもりで話しかけていました(^^) 当時、初めて沖縄にダイビングに行くことが決まっていた私は、ぜひ握手がしたかったのですが、言い出せませんでした。征夫さんの本、『海も天才である』は最初に読んだ征夫さんの本ですが、素朴な人柄とユーモラスな文章に惹かれてファンになっていたのに、恥ずかしがり屋は損ですね。今なら、いきなり手を握っちゃうかも!(って、それは嘘ですが)
※途中から、馴れ馴れしくも征夫さんと書いてしまいましたが、ダンナとそのダイビング仲間たちはみんな「征夫さん、征夫さん」と呼んでいたし、今も話が出るときはそう呼んでいるので、「中村さん」と書くとピンとこないのです(^^)
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(2) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

百年の愚行

先日、松屋銀座にて星野道夫氏の写真展があり見てきました。さすがに休日・夏休みで人が多かったのですが、写真パネルを間近に見ていろいろと感じさせられました。自然、そして生命はとても真っ直ぐで脚色されていない世界であること。星野道夫 公式サイト NHKプ
ひかりのしま【2006/08/13 18:49】

-

管理人の承認後に表示されます
【2007/10/05 04:54】

 

 
Copyright © 2017 五十路っ子 Road, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。