アラフィーに突入した主婦の欧州サッカー中心&日々の徒然blog
http://isojikko.blog10.fc2.com/
admin
 

プロフィール

五十路っ子

  • Author:五十路っ子
  • 夢は、スペインのサッカークラブ、レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのクラシコ観戦♪(ラウールが現役のうちに!)
    その他好きなサッカー選手は、ジェラード、モリエンテス、バルバレス。
    と書いたときから時は流れ、モリちゃんとバルバレスは引退してしまい、ラウールは今ドイツのシャルケで頑張っている。
    今はスネイデルも好きです♪

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2005.08.11/ 00:59(Thu)
数日前、図書館で雫井脩介の『虚貌』を借りてきた。まだだったよなぁ、と思っていたけど、今年1月に借りて読んだ本だった。
即刻、本を返却し、これは読んでないな、と思って借りてきた乃南アサの『あなた』は、一昨年読んだ本だった…。
レンタルビデオでも、まだ借りてなかったな、って思って、見始めてから「あ…っ」てことも何度かありました。
きっとこれからもあるのでしょうね…(苦笑)
よほどインパクトがないと、私は読んだ本も観た映画もすぐ内容を忘れてしまいます。面白かった、とか、感動した、とか、印象が残ればいいほうです。
先日、初めて読んだ作家、新堂冬樹の『鬼子』はインパクトありすぎでしたが、うーん、純愛路線らしい他の本も読んでいいものかどうか、ためらっちゃいます。
優しかった息子が、ある時を境に豹変し、ド下手な恋愛小説家の父親に暴力を振るうようになり、果ては妹にまで信じがたい罪を犯し、結末も救いがないのですが…。この新堂冬樹という著者には家族がいるのでしょうか? 娘がいたら、とても文字にはできない…と思ってしまいました。
結局最後まで読みましたが、そもそも、本の最初に出てくる“読むのが苦痛になるくらい下手な比喩”を用いる小説家の本が、デビュー作がヒットしたという理由だけで、その後20数冊も出版されるものでしょうか?
息子が荒れた理由も、妻が夫に無関心になった理由も終盤でわかりますが、原因と行動をつなぐ心の動きが描き足りなくて、どうしても納得できません。納得できないことだらけの世の中なのかもしれませんが、小説なんだから納得できるように書いてください、って感じです。
私には、小説に登場する、柔和な笑顔の下に冷酷な顔を持つ編集者と著者がダブってしまって、感動路線の小説も、こう書けば人は泣く、とか、こう書けば人は感動する、とか、分析のもとに書いて、ほ~ら、と笑っているんじゃないか、って気がして、この作家がとても怖いのです。
でも、犬のかわいいイラストが表紙にある『忘れ雪』やシートン動物記(子供の頃、愛読してた)を思わせるらしい『動物記』は読んでみるかもしれません…。感動しちゃったら、どうしよう…。
スポンサーサイト
 
Genre: 小説・文学 Theme: 感想文 Category:
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

五十路っ子さん、こんばんは。
わかります~、これ。
私も本が大好きでいろいろ読むので、以前はよく忘れて読んだものをまた読み返すってこと多々ありました。
なのでパソコンのエクセルで表を作って、読んだ本は記入するようにしました。
これがなかなかよくて、結構活用してますよ。

NAME:ラブラブラッキー | 2005.08.12(金) 22:11 | URL | [Edit]

 

そっか~、手帳にはつけてるんだけど、エクセルなら表にできるし、すぐ検索もできますね。
エクセルの練習も兼ねて、今度作ってみます♪
図書館の本なら何度借りても返すだけで済むけど、買った本が2冊本棚に並んだときは凹みました~。さすがにそれは、未読の本でしたが…^^;

NAME:五十路っ子 | 2005.08.12(金) 23:57 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 五十路っ子 Road, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。